いないいないばあ
これでお願いします。

ピーカーブー

  • クローバー
  • 2017/03/16 (Thu) 21:47:04
いないいないばあ
俺が奪ったんだろうか

夕暮れの沈む速度で崩れ落ちる高層ビル

全38車線は大渋滞をおこしていてこのまま夜になれば淀んだ宝石の川になるだろう
ホープの空箱を振って助手席に投げる

旅、だとひとは言う
でも俺たちはどこにもいかない
いつも今に住んでる

調律をしている楽団のようにクラックションが鳴っている

ときどき、ひとは過去に住む
助手席にはいつもミルクのような匂いがしていた
ということだけが分かって
その匂いは思い出せない

オーケストラの音量が大きくなる
セントラル・ステーションから一斉に列車が出発する

ときどき、幽霊がいる
隣で笑ったと思ったら
消える

オーケストラがいつまでも聴こえている
列車が脱線して空に飛び出す

渋滞は一番前の方から悲鳴もなく削除されていく

地面が裂けて巨大な花が開花した

世界から虹がなくなった

そうするともう昔の匂いがしない
空箱を見ながら思って
あとは目をつむって
寝た
  • 紅茶くん
  • 2017/03/17 (Fri) 16:17:55
いないいないばあ
かがみをごらん よくみがいて
よぞらいろの くろいすかーふ あげるから
よごれはしろく ほしにかわって
ながれたのは ほしじゃあないね
だれのうた わすれたうた

わすれものは どこにきえた
いくつもならぶ とびらのような かがみたち
どあのぶは ひとつだけ
なかにはだれが いるのかな
いくつもならぶ かお かお かお
みんなひとつだけ どこかがちがう
ほんものはどこだ かぎをさがせ

かがみのような はこをあける
ねこはしんでいませんね
ぼたんをおせば えさがでる
しってるねこは ねこぱんち
ろしあんるーれっとだなんて しらないで
どくいりきけん はこをさがせ

よるにつめをきったりしないから
つめをといでいいから
さきに ほしにならないで
みつけにいくよ

よるがこわくて ないてしまった
りょうてでかおを おおって ないた
そうしていると かがみのなかの かおもみえない
てをおろして かおをあげたら
どあのぶみたいな とってはきえて
ねこが ばあと かおをだす

うたをわすれて なきごえをおう
どあのぶが かがみにうつり
かがみのなかには だれもいないよ
にゃあ
  • 2017/03/17 (Fri) 17:38:43
いないいないばあ
顔  しかないあなたを覚えては
   いませんとうの昔に身体が
あることが当たり前になっていた
からあなたの膝によじ登り二の腕
にぶら下がれるほどの小さな私は
よく脱臼して整骨院に連れて行か
れたそうですね泣いたり笑ったり
するだけで忙しかったあのころは
木漏れ日を見上げては空想ばかり
で雲を見ては飛行機を見ては水色の傘さして
             あじさいの葉
             の上にいる
             カタツム
             リを見
             ては
             。



    海選フない八なれ似小  顔
    がぶリさい重くばたさ
    あ一|いあ歯なまのな輪みが
    る輪ジっなだっすだ目郭んそ
    方だアてたけてまかだとなっ
    角けはグ笑はいすらけ鼻言く
    に買黄ルっ残く特歳がもうり
    向っ色テてるか徴を母似眉っ
。人にぶけてをンいとらがとにてとて
 にいんて
  るそ置
   こく
    た
  • こうだたけみ
  • 2017/03/17 (Fri) 20:18:04
いないいないばあ



ここにはもういなくなってしまった

ひとたちが

ときどき浮かんでくる

そのたんびに僕は

夕焼け 夕焼け

って詩を書き始める



いないいないばぁ

ほら

その目は、口もとは、ほっぺたは

あのひとの


いないいないばぁ




いつか僕も

いないいない




ばぁ





  • AB
  • 2017/03/17 (Fri) 21:22:06

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)